· 

洗面化粧台の施工へ

こんにちはー。

今日は愛知県知立市で新築住宅を建築中の現場へ、洗面化粧台を設置するため行ってきました!

 

設置する場所はこのような状態になっています。

 

壁面は左官仕上げになりますが、壁面を塗る前に家具を設置します。

 

床から立ち上がっているものは、洗面化粧台の給水、給湯、排水の管です。

家具の足元部分、巾木を設置し、固定していきます。

洗面化粧台

洗面化粧台の下部分の引出しになる箱(手前)と

となりの収納棚の箱(奥)を設置しました。

 

きれいに納まる場所を決めて、壁面に固定していきます。

 

置き式の家具とは違い、住宅に固定して設置する造り付け家具なので、

しっかりと固定していきます。

さらに上部に吊棚の収納を設置しているところです。

 

こちらも壁面にしっかりと固定していきます。

地震などの時にも倒れてくる心配がないのも、造り付け家具の良いところの一つだと思います。

 

壁の寸法ぴったりに。

床から天井までの高さピッタリにおさまるのも、住宅設計の段階で、家具の設計も同時にすすめていくからです。

 

オーダーメイド家具ならでは!のピッタリ感です。

洗面化粧台 オーダー家具

家具を取り付けて、手前側のパネルも設置しました。

 

上部は開き扉、下部は引出になります。

 

こちらに、天板になる人工大理石と洗面ボウル、水栓金物などが設置されて、

洗面化粧台の工事が一通り完了になります。

 

洗面室の壁面部分を家具で仕上げているので、存在感もたっぷり。

そして、こんなにも収納量の多い洗面化粧台はなかなかないと思います。

 

使われている素材も、住宅のリビング部分の家具と統一していることで、

住宅全体の空間の一体感も感じられるようになっています。

 

また完成しましたら、ご紹介させていただきますね!

今日は、洗面化粧台の取り付けの流れをご紹介してみましたー!

 

造り付け家具というのは、出来上がった家具をドン!と設置するのではなく、現場で組み上げていくことが多いです。